アンドレイ・ペジックの軌跡20(2013)

アンドレイ・ペジックの軌跡20(2013)

アンドレイの母登場!

Andrej Pejic
1991年8月28日生まれ
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナ
身長 185cm/スリーサイズ 91.44.76/靴のサイズ 28.5 cm

『オーストラリアン・ウーマンズ・ウィークリー』の2013年4月号にて、アンドレイ・ペジックが最愛の母親と登場しました。彼女こそが、アンドレイが「私が幼かった頃、私の憧れた女性は、唯一母親でした」と言わしめた女性なのです。戦争前まで祖国で弁護士をしていた母親は、戦争により、オーストラリアに亡命し、英語が話せない中苦労しながらも、子供二人をシングルマザーとして育て上げ、自身も高校の非常勤講師になりました。

この中のインタビューで興味深いのは、後に13歳から女性ホルモンを使用していたという事実を、アンドレイはこの当時、否定している点です。彼女はなぜこの時嘘をついたのでしょうか?










アンドレイ・ペジックの軌跡30(2015)へ

タイトルとURLをコピーしました