トランスジェンダー歌手列伝

マリリン 【1983年のマリリン】

トランスジェンダー歌手列伝3

マリリン 【1983年のマリリン】

Marilyn(1962~)

マリリン写真集





1983年のマリリンをご存知でしょうか?ユーリズミックスの「フー・ザット・ガール」(1983年全英No.3ヒット)のビデオ・クリップの1分30秒後に登場するサングラスを取る美女です。彼女は、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージが無名の時代からの親友であり、戦友でした。

マリリンの本名を、ピーター・ロビンソンと言います。1962年にジャマイカのキングストンで生まれました。両親の離婚により4歳で母親と共に英国に移住するも、その女性的なルックスと仕草で、「マリリン」といじめられ、登校拒否になり、自傷行為を繰り返すようになります。

そして、15歳で高校を中退し、1979年に家を出て、ロンドンへ向かいます。そして、お金がないので、空き家暮らしをはじめます。。ロンドンのナイトクラブ「ザ・ブリッツ」(のちのヴィサージであるスティーヴ・ストレンジによるナイトクラブで、スパンダー・バレエなども無名時代に常連だったニュー・ロマンティックの聖堂)に繰り出し、女装を覚えます。

そして、彼は、いじめられていた理由である「マリリン・モンローに似たオカマ」という欠点を長所に変えることを決意します。そんなマリリン・モンローに似せた女装はすぐに話題になり、同じくクラブの人気者だったボーイ・ジョージと空き家での同居を開始します。







ボーイ・ジョージの活躍により、イギリスのレコード会社がネクスト・ボーイ・ジョージを探し始めます。そんな時に、マリリンは、ユーズリミックスの前述のMVへの出演が決定したのでした。そして、マリリンも1983年に歌手として「コーリング・ユア・ネイム」でデビューします。驚くことにデビュー曲にして、全英4位、全米12位のヒットとなります(日本ではNo.1ヒットに)。

しかし、オーストラリア・ツアーでは、シドニーのゲイ・ストリートであるオックスフォード・ストリートにあるゲイ・バー『エクスチェンジ・ホテル』で、暴行を受け負傷します(ダーリングハーストという場所は、シドニーでも最悪の治安を誇るレッドファーンに匹敵する)。

イギリスのスーパースターが会したバンド・エイド参加の瞬間が、マリリンの人生のハイライトだった!

1984年にボーイ・ジョージと共にバンド・エイドに参加。そして、1985年にトレードマークのブロンドヘアを切り、メイクを止めた瞬間から彼女のキャリアは急下降していったのでした。

彼女が、飛躍出来なかった理由は、〝トランスジェンダーとしての美〟を売りにせず、中途半端な存在感の示し方しか出来なかった所にあります。スタイルが抜群だったからこそ、脱毛をちゃんとして、ボディコンシャスな80年代のヴェルサーチ・モデルのような売り方をしたならば、かなりのファッション・アイコン性を秘めていたはずです。

そして、1986年8月20日に、ボーイ・ジョージと共にヘロインの不法所持で逮捕されます。以後、マリリンは2000年代半ばまでドラッグとアルコール依存症に苦しみます。2001年に14年ぶりにロンドンのクラブシーンに復帰するも大した話題にはならず。2016年に約30年ぶりにシングル「ラブ・オア・マネー」をリリースする。

ヴィヴィアン・ウエストウッド。

ヴィヴィアン・ウエストウッド。

ちなみに、マリリンは、ジャン=ポール・ゴルチエとヴィヴィアン・ウエストウッドのためにモデルもしていました。

マリリン写真集

関連記事

  1. ピート・バーンズ 【デッド・オア・アライヴ】
  2. ボーイ・ジョージ 【カルチャー・クラブ】

ファッションモデル一覧

  1. リア・T伝説

PAGE TOP