トランスジェンダー歌手列伝

ボーイ・ジョージ 【カルチャー・クラブ】

トランスジェンダー歌手列伝2

ボーイ・ジョージ 【カルチャー・クラブ】

Boy George(1961~)

ボーイ・ジョージ写真集





1981年からスタートしたMTVを最も効果的に活用したトランスジェンダーは、ボーイ・ジョージと言われています。彼が率いるカルチャー・クラブは、ボーイの女性的な風貌と、奇抜なメイクとファッションによって1980年代のミュージック界に大センセーショナルを巻き起こしました(それでいて183cmという長身のギャップも・・・)。




ボーイ・ジョージことジョージ・アラン・オダウドは、1961年6月14日に、イギリスのケント州でアイリッシュの両親の下で生まれました。少年期から奇抜なファッションを好み、学校を退学にされ、フルーツピッキングや婦人用の帽子の販売員等をして、生活していました。やがて、ロンドンに出て、クラブ”ブリッツ”に派手な女装で現れ、クラブの人気者となります。







1982年、ボーイ・ジョージは、カルチャー・クラブのヴォーカリストとしてデビューします。このグループは、4人とも全く違う民族的バックグラウンドであることからカルチャー・クラブと名付けられたのでした。そして、ヴィサージ、アダム&ジ・アンツ、デュラン・デュランと並ぶニュー・ロマンティックを代表するグループになりました。

1982年に「君は完璧さ」が全英No.1&全米No.2ヒットになり、そのルックスと共に時代の寵児になったのでした。そして、1983年に「カーマは気まぐれ」が日本でも大ヒットします(この曲は、日本では、トランスジェンダーを馬鹿にした、テレビ番組での使用が重なり、そういった差別を象徴するソングというイメージが強い)。

しかし、リーダーでありドラマーのジョン・モスとの失恋が、ボーイを破滅へと向かわせました。





1986年にボーイ・ジョージは、ドラッグ所持で逮捕され、カルチャー・クラブは活動休止になります。86年以降ボーイは、ヘロイン中毒の治療に励みます。1992年、『クライング・ゲーム』の主題歌(ペット・ショップ・ボーイズがプロデュース)がヒットするも、2005年に再びコカイン所持・使用で逮捕され、2007年にはゲイ専門の出会い系サイトで知り合った男性を監禁した容疑で逮捕されました。それは、薬物過剰摂取の中で行われた犯行でした。禁固15ヵ月の実刑判決となり、2009年4か月で出所。

ディオール・オム2017年サマーコレクション

その後、激太りし、すっかり見る影もなくなったボーイ・ジョージは、2013年に、ダイエットに成功し、奇跡的なカムバックを果たします。

ボーイ・ジョージ写真集

関連記事

  1. マリリン 【1983年のマリリン】
  2. ピート・バーンズ 【デッド・オア・アライヴ】

ファッションモデル一覧

  1. リア・T伝説

PAGE TOP