アンドレイ・ペジック

アンドレイ・ペジックの軌跡1(1991~2011)

アンドレイ・ペジックの軌跡1(1991~2011)

1991年8月28日、アンドレイ・ペジック誕生

Andrej Pejic
1991年8月28日生まれ
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナ
身長 185cm/スリーサイズ 91.44.76/靴のサイズ 28.5 cm





トランスジェンダーとして史上初めて『USヴォーグ』に出演した人であるアンドレイ・ペジックは、1991年から始まるユーゴスラビア紛争の最中に、ボスニア・ヘルツェゴビナの第三の都市トゥズラで次男として生まれました。両親は父親はクロアチア人、母親はセルビア人です。翌年より戦死者20万人に上る地獄のようなボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(~95年)が勃発し、内乱となります。そして、トゥズラにおいても戦闘は行われ、紛争後、両親と共に、ベオグラードの難民キャンプでの生活を余儀なくされます。




1999年、NATOによるユーゴ・コソボ空爆により、戦火の危機を感じた母親(ペジック出産後すぐに両親は離婚)は、オーストラリア移住を決意し、2000年政治亡命を申請してメルボルンに移住することになります。

「それは今も私の記憶から離れない出来事でした。私の母と祖母と兄と4人で食料品店にいた時でした。空爆に遭遇し、とにかく私たちは半狂乱になりながら、シェルターに逃げました。それは私が7歳のときであり、私が生まれて初めて死に直面した瞬間でした。」(アンドレイ、NATOによる空爆を回想する)

高校時代に最優秀の成績を修めていたアンドレイは、2007年の12月31日に16歳のとき、メルボルンのマクドナルドでバイト中にファッション・モデルとしてスカウトされました(かつては、高校のスイミング・プールや、農作業中のトウモロコシ畑でスカウトされたなど本人の口からは何種類かの逸話が語られていた)。

「私が唯一憧れた女性は、私の母親でした。本当に美しく、エレガントで、どこか貴族的な雰囲気のある女性なのです。私はそういう女性のエレガンスにとても惹かれるのです。」(アンドレイ・ペジック)

アンドレイ・ペジックの軌跡1.1(1991~2011)へ

関連記事

  1. アンドレイ・ペジックの軌跡13.2(2011~2012)
  2. アンドレイ・ペジックの軌跡5.5(1991~2011)
  3. アンドレイ・ペジックの軌跡14(2012~2013)
  4. アンドレイ・ペジックの軌跡10(2011~2012)
  5. アンドレイ・ペジックの軌跡11.1(2011~2012)
  6. アンドレイ・ペジックの軌跡13.5(2012~2013)
  7. アンドレイ・ペジックの軌跡1.5(1991~2011)
  8. アンドレイ・ペジックの軌跡16(2013~2016)

ファッションモデル一覧

  1. リア・T伝説

PAGE TOP